« 妻籠宿ツーリング | トップページ | 久々のクシタニ製品 »

2012年7月 1日 (日)

開田高原&御岳ツー

6/24(

気持ち良いspaに入りたくなったので「信州木曽・開田高原 御嶽明神温泉 やまゆり荘」へ逝ってきました。smile

   

  

中央道・中津川ICを降り、国道19号を松本方面へと向かいます。

写真はありませんが、この国道19号は木曽川沿いを走る道で実に気持ちのいい快走路です。happy01

福島トンネルを抜けたあと開田高原へ向かう国道361号方面へ左折します。

絶景を堪能しながらのんびりと走り、新地蔵トンネルを抜けて開田高原へ入り、いつもなら行き着け(?)のアイスクリーム屋へ寄るのですが今回はパスして先を急ぎます。

Px1_120624

アイスクリーム屋を越えた後、そこから先は看板に従って、こんな↑道を走りながら向かっていきます。
それにしても開田高原はどこを走っても気持ちいいですね。
好きだなぁ(* ̄ー ̄*)

そして到着。

1_120624

駐車場に着き、施設へとGO♪

I1_120624

Px2_120624

断腸の思いで青い暖簾の男湯の方へ入ります(笑)

  

Px3_120624

この日は偶数日でしたので男湯は小さい露天風呂なんです(泣)

数年前にもう一方の展望露天風呂へ入ったことがありますが、広くてゆったりした風呂でしたよ。
参考URL:http://www.kis.janis.or.jp/~yamayuri/onesen.html

まぁ小さいとはいえ、湯は同じですので気持ちいいことには変わりはありません。

青い空をボーッと眺めながら浸かる温泉は最高ですね。

ここの内風呂には飲用の温泉もあるんです。
効能として痛風、肝臓病が挙げられてますので、焼酎をこの温泉で割ったらめちゃくちゃ健康的なお湯割りになりますね( ´艸`)プププ

温泉を堪能した一行は、開田高原にある蕎麦メーカー、「霧しな」の工場へと向かいます。

ここでのミッションは蕎麦の試食です(笑)

Px4_120624

試食会場です。御嶽山(?)を眺めながら食べれるんですよ。

そして試食の蕎麦です↓

I2_120624

ここの蕎麦は工場で作られておりますので手打ちではありませんが、私好みの味で美味いんですよね。これがタダなんて♪delicious

そうそう、タダはこれだけじゃありません。
このページからチケットを印刷して持っていくとこんなお土産も貰えるんですよ。

Px5_120624

生そばです(・∀・)イイ!

タダで蕎麦食えてお土産まで頂けるとは、なんて太っ腹な会社なんでしょう。有難いですよね。

「霧しな」は例のアイスクリーム屋の近くに店も構えておりますので今度はお店の方で頂きたいと思います。

   

試食だけでは物足りませんので、もう1軒はしご蕎麦しに向かいます。

向かった先はココです。

2_120624

旅館嶽見が営んでる蕎麦屋「そば処 たけみ」です。
他のライダーも訪れてました。

3_120624

ざるそばにしようかと思いましたが、冷やしおろしそばをチョイスしました。
注)上のメニューにはなく他のメニューに書いてありました(^^;)

4_120624

テーブル席の横からガラス越しに打ってる様子がうかがえます。

5_120624

<冷やしおろしそば:900円>

”おろしそば”と言うことで大根おろしを想像してましたが、どうやら違うようです。
ここでは山菜がのったぶっかけ蕎麦の事を指してるようですね。

肝心な味の方は◎です!

蕎麦が美味いですね。私は蕎麦ツーではありませんので具体的なことは書けませんが、口の中で蕎麦の香りが広がりとても美味しく感じました。

是非、再訪したいと思います。

腹も満たされた一行は国道361号を高山方面へと向かい帰路へつきます。

Px6_120624

<たけみから高山方面へと続く国道361号>
実に気持ちいい道ですよ!( ̄ー+ ̄)

   

◇今回訪れたところ

○御嶽明神温泉 やまゆり荘
〒397-0302 長野県木曽町開田高原西野6321-1211

○株式会社霧しな
〒397-0302 長野県木曽郡木曽町開田高原西野5227-121

○そば処 たけみ
〒397-0302 長野県木曽町開田高原西野4739-2

   

◇今回の走行距離(にょいとらん):460.8km

|

« 妻籠宿ツーリング | トップページ | 久々のクシタニ製品 »

ツーリング・長野」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

Mr.Tさん、こんばんは。

うわ~!!走りましたね~happy02羨ましい~(笑)
開田高原は行ってみたいんですよね~( ̄ー+ ̄)
今年は行けるかなsign02あ、でもTさんが夏眠に入っちゃうかbearing
開田高原って関東からだと帰りのルートはUターンになっちゃうんでしょうかeye

投稿: renon | 2012年7月 2日 (月) 03時31分

霧しなのそばはうまいですよね。私もお土産によく買って帰りますが、無料クーポン券があるとは知りませんでした。

投稿: keiichi_w | 2012年7月 2日 (月) 06時09分

こんばんは。

開田高原、良いですね~~!
これから当分の間、中部圏ライダーは
少なからずここを目指してツーすることでしょう!!
しかし、いつもやられることがすごくて恐れ入ります。
ただ蕎麦にただ土産蕎麦まで...。
やはり師匠と呼ばせていただきます。
お仕事お忙しいみたいですが、
又お出かけの際はお声お掛けください。
久々にお供させて頂きたいと思います。(笑)

投稿: グランCB | 2012年7月 2日 (月) 19時38分

renonさん
コメントありがとうございます。

開田高原は以前ご一緒した寝覚の床から割りと近いですよんsmile
関東からのルート的にはほぼ同じになると思いますgood

>夏眠
今年もしっかりと夏眠取りますよ~(笑)

投稿: Mr.T | 2012年7月 2日 (月) 21時25分

keiichi_wさん
コメントありがとうございます。

やっぱ霧しなの蕎麦は美味いっすよね!
昔は開田高原へ行くと必ず店で食べてました(^^)
次回、行かれる時は是非クーポン持参してくださいね♪

投稿: Mr.T | 2012年7月 2日 (月) 21時25分

グランCBさん
コメントありがとうございます。

開田高原はいいですよぉlovely
暑い時期なんて一度開田高原へ入ったら戻りたくなくなりますから(笑)

今度は是非ご一緒下さいませ♪

投稿: Mr.T | 2012年7月 2日 (月) 21時26分

温泉spa & 美味しいお蕎麦、何よりもリフレッシュ出来る高原!! 良いですよね(^O^)

また行きたくなりました、昨日renonさんが聞いてましたよ(ニヤリッ!!)
梅雨明けが楽しみですね\(^o^)/

投稿: KON | 2012年7月 3日 (火) 09時53分

雪解けの御岳が綺麗ですね。
キリッと冷たい空気の中で露天風呂、最高でしょう。
でも蕎麦屋さんは冷房中?暑かったんでしょうか。
蕎麦三昧、開田の蕎麦は私も大好物です。

投稿: mats | 2012年7月 3日 (火) 13時58分

こんにちは。
Mr.Tさんは結構遠くまで走りに行かれるのですね。(^・^)
私も開田高原は時々行きますので、「嶽見」さんへ食べに行ってみたいと思います。参考にさせて頂きます。
「㈱霧しな」の生蕎麦ですか。
私は通常「㈱霧しな」の霧しなそばとか「㈱はくばく」初釜うどんを買って食べています。
乾麺ですけどネ。(^^ゞ
これを食べると他の蕎麦・うどんは食べれなくなります。

投稿: だっくす | 2012年7月 4日 (水) 19時45分

KONさん
コメントありがとうございます。

そういえば、KONさんとも久しく行ってないですね>開田高原

気候、仕事と落ち着いたら是非また行きましょう♪(^^)/

あと、シラスも・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: Mr.T | 2012年7月 8日 (日) 20時28分

matsさん
コメントありがとうございます。

御嶽山を見ながらの露天風呂は最高でした(^^)

>開田の蕎麦は私も大好物です
おおっ!食通のmatsさんも大好物でしたか!w(゚o゚)w
やっぱ開田の蕎麦は下手な手打ちよりも全然美味いですよね。

と、蕎麦の話を書いてたらまた食べたくなってきました(笑)

投稿: Mr.T | 2012年7月 8日 (日) 20時29分

だっくすさん
コメントありがとうございます。

嶽見は初めて行きましたがなかなか美味しかったですよ。
今度、開田高原へ行かれた際は是非食べてみて下さいね(^^)

>「㈱はくばく」初釜うどん
これは知りませんでした!
是非、今度挑戦したいと思います。( ̄ー ̄)ニヤリ

>これを食べると他の蕎麦・うどんは食べれなくなります
その気持ち凄くわかるような気がします。
開田の蕎麦は箸をどんどんと進ませる不思議な力があります。
上手く言えませんが普通に美味しいんですよね( ̄▽ ̄)

投稿: Mr.T | 2012年7月 8日 (日) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317171/46060517

この記事へのトラックバック一覧です: 開田高原&御岳ツー:

« 妻籠宿ツーリング | トップページ | 久々のクシタニ製品 »